女性の仕事における年収について

最近は女性の社会進出が目覚ましく、働く女性の割合は増加の一途を辿っております。このような現状の中、はたして労働の対価である報酬、年収は満足のいくものとなっているのでしょうか。
女性に人気が高い事務職を基準にしてリサーチしたところ、女性事務職の平均年収は約260万円、平均月収は約18万円となっており、全体の平均が310万円の22万円ほどなので約2割ぐらい低い数値となっております。また雇用形態も正社員の割合が全体の7割強であり、逆に言うと4人に1人は非正社員ということになります。こういった雇用形態も年収を引き下げている要因になっています。

女性の高年収は専門職についていると実現しやすいようです。少しでも年収を上げるにはどうしたら良いでしょうか。それには今よりより高いスキルを身に付けることが最も有力な近道と言えるでしょう。
まずはパソコンのスキルの上達です。いまはどの企業でもパソコンはビジネスの必須アイテムです。パソコンのスキルを高めることはイコール即戦力に繋がり、企業にとっても必要な人材となってくるわけです。
次に挙げられるものとして英語があります。今や世間ではグローバル化が騒がれております。各企業でも御多分にもれず、英語のできる人材を優先する傾向になりつつあります。
これら2つのことはスキルを上達する上で、自分なりに目指せばできないものではありません。更にこれら各種の資格も今は幅広く存在し、自分に合った資格を選ぶこともできます。
まずは自分がやりたい仕事を見つけてみましょう。⇒⇒⇒女性の働き方相談室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>